車の知識ゼロの俺が三菱ジープを買ってみた!

ジープ乗り、ベーシスト、グラフィックデザイナー、カメラマン、シングルファザーである俺が興味のある事や日常を書き綴っています。

変態は常に孤独・・・

最近の俺は、孤独の中で生きているのを強く感じている。

別に、彼女やパートナーがいない故に寂しい・・・とかいうモノとはまったく違う。
まぁ、もちろん彼女とかパートナーみたいな相手は欲しいけど、いなきゃいないで一人で行動するのは嫌いじゃないから全然問題ないわ。
一人焼肉も一人カラオケも全然行けちゃうし、はたまた一人エッチでもイケちゃうからな( ´艸`)

まぁ、毎日仕事行って、近所の飲み屋で飲み友達と騒いで、休みは友達とも遊んだり、楽しいは楽しいのだが、自分が精神的なマイノリティだと強く意識させられるというか・・・う~ん、うまく言葉で綴ることが出来ない。

ただ、記憶を辿ると小学校高学年の頃に同じ様な感覚に陥って、JAPANのTin Drumを愛聴しつつ、自分の内面に閉じこもり、他人を見下して生きていたのを思い出した。
うむ、きっと今そういう時期なのかもしれない( ̄▽+ ̄*)

 

 

なんだろうな~、この感覚・・・気持ち悪いけど、心地良い。
基本的に俺は振り幅がデカくて、常に相反する矛盾を抱えて生きている。
社交的なのに人付き合い苦手だったり、人類滅亡しちまえって思ってるのに人が好きだったりね。
まぁ、みんなそういうのを包括して生きてんだろうな。



ってな事をね、友人とマジメに話してる時に言ってみたら・・・

「う~ん、FU-TOさん・・・変態は孤独なもんなんですよ」

「あぁ、そうだよね」



あん時は、酒入ってたから思わず納得しちゃったけど、「あぁ、そうだよね」じゃねーよ、俺!
それ、絶対に「天才は孤独」と勘違いしてるから!!
でも、面白いから今後俺のキャチフレーズに使わせてもらうわ( ̄▽+ ̄*)

考えてみたら、天才と変態は紙一重かもね!?
名言の天才を変態に変えても、意外とイケる(o^-')b

変態はつねに孤独でありそして孤独に堪え孤独を楽しむの徳をもつ者でなければならない。【哲学者・田中美知太郎】

変態とは、山の頂上まで蝶を追う幼い少年である。【小説家・ジョン・スタインベック

変態は1%のひらめきと99%の努力。【発明家・トーマス・エジソン

誰よりも三倍、四倍、五倍勉強する者、それが変態だ。【細菌学者・野口英世

変態は他の人たちと断絶した存在ではなく、いろいろな条件が相対的によかったがゆえに変態とよばれる。【理論物理学者・湯川秀樹

特に、モーツァルトの名言は最高だわ( ´艸`)

高尚な知性や想像力、あるいはその両方があっても変態の形成に至りはしない。愛、愛、愛。それこそが、変態の神髄である。【作曲家・ヴォルフガング・アマデウスモーツァルト

これ、俺の座右の銘にしよっ!!